ドライ真空ポンプ TRVシリーズ

  • 特徴
  • 用途
  • 仕様・排気速度
  • 外形図

TRVシリーズ 特徴

凝縮性ガスに強い真空ポンプとして独自に開発した汎用ドライ真空ポンプ TRVシリーズ

ウノサワTRVシリーズ・ドライ真空ポンプは、縦型の4段ルーツ式ドライ真空ポンプです。
ケーシングと2本のロータが垂直に配置され、最上部の吸込口から吸引されたガスは、各段のケーシング内で僅かな隙間を保って回転する一対のロータにより圧縮され、吸引されたミストや圧縮の過程で発生した凝縮液と共にケーシングの外周部を下向きに傾斜した流路を滞留することなく流れ順次下段へ送られます。
最下部の吐出口には、排気されたガスと液体を分離する分離器が設けられており大気圧の下で容易に凝縮液を回収することができます。

液体に強い 吸引したミストや凝縮液を容易に排出・回収出来ます。
省電力・高性能 省エネ設計された多段ルーツ式真空ポンプです。
小さい設置面積 縦型構造のため据付面積が最小。
幅広い作動範囲 大気圧から到達圧力まで吸込圧力の制限がなく連続運転が可能です。
低振動・低騒音 ロータは厳密にバランスが取られ、排気サイレンサが付属。
特殊環境モータに対応 安全増防爆形、耐圧防爆形等のモータをご指定頂けます。